Twitterフォロワー数

いいね!ボタン

見出しの使い方が良くわかる3つの方法について

投稿日:2017年4月25日 更新日:

見出しアイキャッチ

https://virtual-space.co.jp

あなたは普段から記事を書くときに注意していることは何ですか?

文字数、アイキャッチ画像、フォントの大きさ…。どれもとても大切ですよね。ところできっちりと「見出し小見出し段落」を使って記事を書いていますか?

んっ。何それ…。

と思ってしまう方は、このまま読み続けて参考にしてみてください。この記事ではユーザーやGoogleクローラに最適なブログの書き方について解説しています。覚えるべきポイントだけを簡単にまとめて紹介してますので、ぜひ学んでみてください。

スポンサーリンク

アドセンスPC

見出しと適切なマークアップについて

見出し・小見出し・段落の使い方見本1

左側はしっかりとマークアップされ適切に見出し・小見出し・段落が使われている事でプチタイトルができ今からこのお話が始まるよぉ~。ってのが視覚的に伝わってきますが、右側では箇条書きのように見えますし(以下省略)の部分に長文が入ることを考えてみてください。話の始まりと終わりの区切りがわかりずらくてとてつもなく読む気が失せてきますよね。

つまり段落とは、長い文章を「Aのお話」「Bのお話」「Cのお話」のように小分けグループみたいにしたものでブログのような文章構成の場合はこのように小分けしてあげると長い文章がとても読みやすくなるってことです!

これでどちらが読者にとって正しいのか明らかに違いがわかるのですが世の中「十人十色」って言葉があるように画像右側の構成の方が好みって人もいるかもしれませんよね。僕は好みではありませんが大切なのはそのサイトがユーザーにとって価値があるものなのかって事が重要視されていますので見た目だけでは文句も否定も言いきれない訳です。

見出しを使う場合の注意点

見出しタグの種類と使い方について

見出しタグの種類と使い方について

使い方は見出し1から見出し6までを全て使う必要はなく記事の内容に階層を作る場合のみ連番で使います。例えば上図の右側の構造のようにです。

注意点は見出し1の使用は一度だけにしましょう。理由はh1タグはタイトルとして使われるからです。例えばWeb検索すると必ずタイトルは一つしか出てきません。

検索とタイトルについて

なので2つあるのはとても不自然ですしGoogleクローラに低評価を付けられてしまうのでやめましょう。h2~h6に関しては、そのタイトルの中の小見出しなので記事の中で複数回使えるって事です。

もちろん小見出しの注意点は連番で使う事で、基本的に記事の内容に階層があった方がユーザーのためになる場合に使うのが好ましいです。

見出しの完璧な使い方

見出し・小見出し・段落の階層を袋に例えた場合

上図は教科書通りの答えと言える構造です。と言うよりこの画像の構造を見たらこれが何のWebサイトなのかがすぐに理解できますよね。

つまり、この仕組みを構築出来ればブログのトップページの構造や記事の品質が最高に良いものになります!

Googleの品質ガイドラインではユーザーが快適に利用できるサイトを心掛けるよう運営してほしいと言ってますのでこれなら問題ないです。注意点としては階層のリンク先がちゃんと関連した内容である事でリンクのタイトルを見ただけでどんな内容なのかイメージしやすいものであることです。

Googleクローラもマークアップをスキャンしてコンテンツの階層やリンクが関連しているのかチェックし良質なコンテンツと評価されればSEOでも上位表示してくれます。ただし、適切なマークアップはSEOに有利になるという意味ではなく論理的にマークアップすることが当たり前と言う事であると言う事を間違えてはいけない。

まとめ

いかがでしたでしょうか。見出し・小見出し・段落の使い方は想像以上に簡単だったと思いますがここに気付けない原因って部屋の間取りを図面で見ていない事と同じだと思います。

建築に設計図(図面)が必要なのはなぜでしょうか?

船の設計、飛行機の設計、ブログの設計って結局は同じだと気付きませんか?

慣れないうちはメモ帳とかに設計図を書いてみても良いと思います。

ブログ設計図ざっくり見本

僕の字が汚いので見た目に関しては申し訳ないのですが、こうやってメモ帳とかに書いてみると小見出しのタイトルとか良いのが思い浮かんだりしますし自分が書こうとしている記事の階層の仕組みも確認しながら書けるので試しにやってみてください。

参考記事

月間1万PVのまとめ
ブログ初心者が1ヵ月で10,000PVを達成した36の方法

どうも、石川貴彦(いしかわたかひこ)です。この記事のタイトルを見てサイトに訪れてくれたあなたは、僕と似たような活動をしてるんじゃないかと思っています。 まずはじめに、僕の簡単な自己紹介をさせてください ...

Webページを最適化する施策内部対策
ブログアクセス数を増やすために絶対やるべきSEO内部対策28

Webページを検索の上位に表示させることは、ブロガーにとって一番重要な事だと思います。Googleの検索アルゴリズムがパンダアップデートにより、コンテンツの品質を評価するようになって以来、PR(ページ ...

アドセンスPC

Twitterフォロワー数

いいね!ボタン

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
石川 貴彦

石川 貴彦

出身:栃木県/住所:埼玉県/生年月日:1987.02.15/学歴:中卒/ペット:柴犬(女の子)/友達申請:大歓迎/職業:Web制作・ブログライター

-ブログノウハウ
-,

Copyright© バーチャルスペース , 2018 All Rights Reserved.