Twitterフォロワー数

いいね!ボタン

冷蔵庫おすすめ2018プロが教える選び方や特徴の全まとめ

投稿日:2017年9月21日 更新日:

冷蔵庫2018プロの選び方

https://virtual-space.co.jp

こちらの記事は、かつてメーカーとして勤務していた冷蔵庫のプロが、2017年8月から9月の間に発売された最新冷蔵庫について、2018年モデルとしてご紹介している内容になっています。

記事内には、過去の情報も掲載しておりますので、一括して情報の比較もできますので良かったらご覧になってみてください。

2018年春モデル

MXシリーズアイキャッチ
【2018年春モデル】三菱MXシリーズ真ん中野菜室について

2018年春モデル、三菱からついに待望の真ん中野菜室の冷蔵庫が中大型タイプで登場です。今後ますます目が離せなくなって参りました。真ん中野菜室でシェアを独占しているT社の反応も気になりますね。 関連記事 ...

+ 2018年モデルはこちら[表示

三菱2018モデル
三菱冷蔵庫2018年モデルについて全て公開

大人気の三菱冷蔵庫に、待望の新商品が発売になりました。 発売日は2017年8月上旬からなのですが、2018年モデルとしてご紹介させていただきますので、ご了承ください。 ※この記事では、最新冷蔵庫の情報 ...

日立2018モデル
日立冷蔵庫2018年モデルについて全て公開

2018年の日立冷蔵庫ならXGシリーズをおすすめします。過去のXGシリーズが今回グレードアップしてニューリリース。 前シリーズとの比較で、どう変わったのかご覧ください。 スポンサーリンク アドセンスP ...

パナソニック冷蔵庫HPXタイプ
パナソニック冷蔵庫2018年モデルについて全て公開

Panasonic冷蔵庫のHPXシリーズとXPVシリーズの特徴を公開しています。過去のシリーズと比較して、どんなところが変わったのかご覧ください。 スポンサーリンク アドセンスPC HPXシリーズにつ ...

東芝2018モデル
東芝冷蔵庫2018年モデルについて全て公開

2017年9月以降に発売になった東芝の冷蔵庫について、過去のシリーズと比較してみました。 大きな変更点は2つです。 冷却システムと野菜室がパワーアップしました。下記にて紹介していますのでご覧に下さい。 ...

シャープ冷蔵庫2018モデル
シャープ冷蔵庫2018年モデルについて

前シリーズからお馴染みのメガフリーザーを中心に、どんな変更がされたのか一挙ご紹介していきたいと思います。 スポンサーリンク アドセンスPC シャープ冷蔵庫の特徴 メガフリーザー 4切(しき)り名人 新 ...

過去の記事

冷蔵庫おすすめ2017
冷蔵庫おすすめ2017年プロの選び方

あなたは家電量販店に冷蔵庫を見に行くと扉を開いては「これたくさん入るなー」とか「あ、これ安い」とかそんなこと口にしながら見て回っていませんか? でも、それダメ! 実は何も知らずに冷蔵庫を選んでしまうと ...

スポンサーリンク

アドセンスPC

最新冷蔵庫5社メーカーの機能・特徴

今回ご紹介するメーカーはこちらの5社です。

  • 三菱
  • 日立
  • 東芝
  • パナソニック
  • シャープ

魅力的な機能や特徴をお伝えするために、中大型(400L以上)冷蔵庫に限定して解説していきます。

三菱の機能・特徴について

女優の杏(あん)さんとオードリーの若林さんが宣伝をしている(2017年現在)、「にくいね!三菱」のキャッチフレーズでお馴染みの冷蔵庫。

家事がもっと楽になるアイデアや省エネにも優れたスマート大容量は、まさに三菱の一人勝ちとも言える製品で人気が高いのも特徴。

冷蔵室庫内は、ワン・ツー棚を採用していて、スッキリシンプルに仕上がっています。

特に、切れちゃう瞬冷凍は解凍いらずで調理が始められる他、最大約80℃まであついまま冷凍できる優れもの。

野菜室は、3色のLEDの光がビタミンCを増加させる業界初の光合成システムを採用した朝どれ野菜室

幅もコンパクト大容量、そして省エネなのも特徴ですね。

ザックリ早見表

採用システム 簡単に解説
氷点下ストッカーD 約1週間保存と解凍もできる
まるごとクリーン製氷 水の通り道も全て洗える
切れちゃう瞬冷凍 解凍なしで調理ができる
朝どれ野菜室 光合成でビタミンCがアップ
全室独立設計 省エネ設計
スマート大容量 コンパクトなのに大容量
クリーントレイ 世界初の汚れの抑制
ワン・ツー棚 仕切り無しの棚
高性能真空断熱材 断熱性能向上で省エネ
エアガイド 冷却能力を向上
NEW MICLOSS 冷やし過ぎ防止で省エネ

※特に目立つ機能について絞っていますので、詳しくは下の記事から詳しく確認できます。

最新機能について詳しく知りたい方はこちら

三菱2018モデル
三菱冷蔵庫2018年モデルについて全て公開

大人気の三菱冷蔵庫に、待望の新商品が発売になりました。 発売日は2017年8月上旬からなのですが、2018年モデルとしてご紹介させていただきますので、ご了承ください。 ※この記事では、最新冷蔵庫の情報 ...

最新機能以外の全てはこちらで確認できます。

MR-WX70A-BR
三菱冷蔵庫おすすめ2017

比較となるポイントをわかりやすく説明していきます。著者である僕は冷蔵庫メーカーの勤務歴がありそのプロ目線での解説です。読みやすいように頑張って短めにまとめましたのでその違いをご覧ください。 ※氷点下ス ...

日立の機能・特徴について

ジャニーズジュニアの嵐さんが宣伝している(2017年現在)日立の冷蔵庫について解説します。

日立と言えば、やっぱり真空チルドですね。

チルド庫内を最大約0.8気圧の真空状態にできるから、ラップを掛けずにそのまま保存すれば鮮度が落ちるのを防ぎおいしく保存ができます。

更に、プラチナ触媒によりニオイ成分の分解で作りだした炭酸ガスを利用し、水分に溶け込み弱酸性化になる事で、野菜のみずみずしさや栄養素の減少を抑制した保存ができます。

最新モデルでは、ルテニウム配合で更にプラチナ触媒がパワーアップしました。

ザックリ早見表

採用システム 簡単に解説
真空チルド 約1週間鮮度そのまま保存
プラチナ触媒 ニオイ成分を分解し炭酸ガスを生成
新鮮スリープ野菜 うるおいと鮮度を保つ
デリシャス冷凍 3段設計
フロストリサイクル冷却 霜の力で省エネ
スポット冷蔵 低温冷蔵と自動急冷却スペース
電動引き出し ワンプッシュで扉が開く

※特に目立つ機能について絞っていますので、詳しくは下の記事から詳しく確認できます。

最新機能について詳しく知りたい方はこちら

日立2018モデル
日立冷蔵庫2018年モデルについて全て公開

2018年の日立冷蔵庫ならXGシリーズをおすすめします。過去のXGシリーズが今回グレードアップしてニューリリース。 前シリーズとの比較で、どう変わったのかご覧ください。 スポンサーリンク アドセンスP ...

最新機能以外の全てはこちらで確認できます。

真空チルド プレミアム XGシリーズ
日立冷蔵庫おすすめ2017

おすすめ冷蔵庫で気になるのが日立ではないでしょうか。やはり1位2位を争う売れ筋ですから違いなど含めスペックは知っておきたいところですね。今回もかなり細かく解説していますので購入の参考にしてみてください ...

東芝の機能・特徴について

真ん中野菜室のシェアを独占している中大型冷蔵庫と言えば、東芝ですね。

ただ真ん中ってだけじゃなくて、しっかりと野菜の鮮度にもこだわった機能を採用しています。

ミストチャージユニットで水分を多く含んだ冷気を庫内に循環させる事ができるから、野菜が乾燥せずに潤った状態で保存ができます。

特に、光触媒ルネキャットの効果もあり鮮度とおいしさを長持ちさせてくれます。

また、新鮮ツイン冷却システムにより、全室の冷却効果を高めているのも特徴です。

ザックリ早見表

採用システム 簡単に解説
もっと潤う 摘みたて野菜 野菜の乾燥を防ぎ潤う
光触媒ルネキャット エチレンガスの分解除去
速鮮チルド 凍らせずにおいしく保存
野菜そのまま冷凍 野菜の細胞破壊を抑制して冷凍
ドライモード 水分量を減らして冷凍
一気冷凍 ドリップを抑えた冷凍
新鮮ツイン冷却 潤いとパワー冷却

※特に目立つ機能について絞っていますので、詳しくは下の記事から詳しく確認できます。

最新機能について詳しく知りたい方はこちら

東芝2018モデル
東芝冷蔵庫2018年モデルについて全て公開

2017年9月以降に発売になった東芝の冷蔵庫について、過去のシリーズと比較してみました。 大きな変更点は2つです。 冷却システムと野菜室がパワーアップしました。下記にて紹介していますのでご覧に下さい。 ...

最新機能以外の全てはこちらで確認できます。

GR-K550FW(ZC)
東芝冷蔵庫おすすめ2017

今回は東芝冷蔵庫のスペックなどをまとめてみましたが、あなたは真ん中野菜室以外に知ってることって何でしょうか? って事で意外と知られていない事が多いんじゃないかと思いましたので、ほとんどの人が気にしてい ...

パナソニックの機能・特徴について

大人気のパナソニック冷蔵庫は、微凍結パーシャルと言うチルド室で、最大1週間も食品をおいしく保存できるのが特徴ですね。

ローウェスト設計なので、女性の身長に合わせた設計だから物の出し入れも簡単ですね。

特に注目なのが、トップユニット方式だから冷凍室と野菜室が100%全開に引き出せるワンダフルオープン採用。

エコナビで省エネなのも経済的で嬉しいですね。

ザックリ早見表

採用システム 簡単に解説
微凍結パーシャル 微凍結で約1週間保存
Wシャキシャキ野菜室 約1週間シャキシャキ保存
ナノイー 除菌、脱臭、エチレンガス分解
ワンダフルオープン 100%全開
トップユニット方式 コンプレッサーを一番上に設置
ワンダフル3段ケース 冷凍室が3段
省スペース&大容量 幅を小さく大容量
フラット冷却システム 冷却力そのままで省エネ

※特に目立つ機能について絞っていますので、詳しくは下の記事から詳しく確認できます。

最新機能について詳しく知りたい方はこちら

パナソニック冷蔵庫HPXタイプ
パナソニック冷蔵庫2018年モデルについて全て公開

Panasonic冷蔵庫のHPXシリーズとXPVシリーズの特徴を公開しています。過去のシリーズと比較して、どんなところが変わったのかご覧ください。 スポンサーリンク アドセンスPC HPXシリーズにつ ...

最新機能以外の全てはこちらで確認できます。

NR-F672WPV
パナソニック冷蔵庫おすすめ2017

パナソニックと言えば7daysパーシャルとか人気ですよね。でも実際にどんな効果があるのか知ってる人ってかなり少ないです。今日はそこを含めて冷蔵庫に関する機能などをわかりやすくまとめてみましたので、是非 ...

シャープの機能・特徴について

シャープと言えば、プラズマクラスター除菌。そして冷凍室がものすごく広いメガフリーザーですね。

真ん中に野菜室があるのも特徴で、野菜の甘味を引き出せる雪下シャキット野菜室が採用されています。

おうちでロック製氷と言う機能で、ものすごく透明な氷を作る事もできます。

特に注目なのが、最新シリーズから採用されたAIを搭載したモデルがとても話題になっており、TVなどでも特集が組まれました。

ザックリ早見表

採用システム 簡単に解説
メガフリーザー 大容量の冷凍スペース
4切り名人 全方向自由に仕切れる
雪下シャキット野菜室 甘味成分をアップ
プラズマクラスター 除菌
電動アシストドア ドアに触れると扉が開く
COCORO KITCHEN AI、音声、クラウド機能
節電25 省エネ

※特に目立つ機能について絞っていますので、詳しくは下の記事から詳しく確認できます。

最新機能について詳しく知りたい方はこちら

シャープ冷蔵庫2018モデル
シャープ冷蔵庫2018年モデルについて

前シリーズからお馴染みのメガフリーザーを中心に、どんな変更がされたのか一挙ご紹介していきたいと思います。 スポンサーリンク アドセンスPC シャープ冷蔵庫の特徴 メガフリーザー 4切(しき)り名人 新 ...

最新機能以外の全てはこちらで確認できます。

SJ-GT55C-R
シャープ冷蔵庫おすすめ2017

シャープと言えば、プラズマクラスターとか有名ですよね。でも、もっと有名なのってシャーペンかな(笑) では早速、冷蔵庫に搭載されている機能や貴重な情報をお届けしていきます。 参考記事一覧 スポンサーリン ...

チルドで選ぶなら

  • 三菱
  • 日立
  • 東芝
  • パナソニック
  • シャープ

三菱のチルド

氷点下ストッカーDとワイドチルドの2つを採用しています。

氷点下ストッカーDは、約-3℃~約±0℃の保存で凍らせずに氷点下で保存が可能なので、生の状態でおいしく長期保存ができます。

また、缶ビールを冷やせば-3℃でキンキンに冷えたエクストラコールドを自宅で味わう事ができるので、お酒好きにはたまらないですね。

また、解凍モードがあるので90分でカチカチに凍った食品を解凍できます。(※食品や環境によって差があります。)

ワイドチルドは、加工食品を保存できるスペースなので、氷点下保存しないお総菜や、チーズ、ベーコン、ヨーグルトなどの保存に最適です。

このように三菱なら、氷点下保存で鮮度長持ち、解凍もできて加工食品の保存スペースもあるのが特徴です。

日立のチルド

全く凍らせる事なく、生の状態でおいしく保存ができる真空チルド。

チルド内を真空にする事で、空気に触れず食品の酸化を防げるので鮮度が長持ちします。

更に、ルテニウム配合のプラチナ触媒でチルド内のニオイ成分を分解して炭酸ガスを生成する事で、食品の表面にある水分に溶け込み、弱酸性化する事で酵素の働きを抑えて、鮮度を維持できます。

このように日立なら、酸化を防いで鮮度を長持ちさせる事ができるのが特徴です。

東芝のチルド

チルドが2段になっていて、上段が速鮮チルドモードの冷却スピードとアルミトレイの効果で、約-4℃のうるおい冷気で細胞破壊を抑えて、生の食品をおいしく保存できます。

また、解凍モードも使えるので、さく状の切り身なら約30分で解凍できます。更に約1時間経過すると約-3℃まで急速解凍できちゃいます。

下段は加工食品の保存スペースです。

このように東芝なら、素早く冷やし素早く解凍もできて、鮮度が良いのが特徴です。

パナソニックのチルド

微凍結パーシャルを採用していて、約-3℃のシャワー冷却とアルミプレートで食品の表面を微凍結させ、酸化を防いで鮮度をキープします。

最大1週間の保存ができるので、まとめ買いした食材を冷凍せずに鮮度を長持ちさせる事ができます。

シャープのチルド

高さ15cmのうるおいチルドは、ステンレスプレートで包むように冷やして食品を長持ちさせることができます。

チルド選びまとめ

  • 氷点下:三菱
  • 真空:日立
  • 速鮮:東芝
  • 微凍結:パナソニック
  • うるおい:シャープ

個人的ランキング

  1. 三菱
  2. パナソニック
  3. 東芝
  4. 日立
  5. シャープ

個人的には、正直2位と3位はどちらでも良いです。4位が日立の理由は、重て食材を収納したいので真空は利用シーンがないと思った。シャープは、特徴が薄いのが理由。

野菜室で選ぶなら

  • 三菱
  • 日立
  • 東芝
  • パナソニック
  • シャープ

三菱の野菜室

3色のLEDが光合成させるから、野菜のビタミンCを増加してくれる。

更にみずみずしく朝の取れたて野菜のような鮮度でおいしく保存ができる。

日立の野菜室

プラチナ触媒で野菜の鮮度を長持ちさせて、うるおいユニットが余分な水分を逃がし、乾燥を防ぐことができる。

東芝の野菜室

うるおい自動補給で乾燥を防いで、光触媒ルネキャットで野菜の傷みの原因を解消。

低温の庫内で品質が悪くなるのを抑制し、真ん中野菜室だから野菜が取り出しやすい。

パナソニックの野菜室

湿度コントロールで葉野菜などの鮮度を1週間保つことができます。更に、ナノイー効果で栄養素をあまり失わずに保存ができて、ワンダフルオープンだから奥にある食材も取り出しやすい。

シャープの野菜室

上位機種は真ん中野菜室で、下位クラスは野菜室が一番下にあるのが設計の特徴。

やはり、雪下シャキット野菜室が強みなので外せない要素です。

野菜本来の甘味を引き出してくれるから、生で食べてもおいしいので、野菜が苦手なお子さんにもおすすめですね。

野菜室選びまとめ

  • 3色LED光合成:三菱
  • プラチナ触媒:日立
  • うるおい冷気:東芝
  • ナノイー:パナソニック
  • 低温・高湿環境:シャープ

個人的ランキング

  1. 三菱
  2. 東芝
  3. パナソニック
  4. 日立
  5. シャープ

どのメーカーも、鮮度を保つことはできるので唯一ビタミンCが増える三菱を1位にしました。

2位は野菜室が真ん中でたくさん保存できる東芝。3位もたくさん入るからパナソニック。

4位はそれらに該当しない理由です。5位は、真ん中野菜だが容量が小さい。

冷凍室で選ぶなら

  • 切れちゃう瞬冷凍:三菱
  • デリシャス冷凍:日立
  • 野菜そのまま冷凍:東芝
  • 新鮮凍結ルーム:パナソニック
  • メガフリーザー:シャープ

三菱の冷凍室

約-7℃のソフト冷凍で、食材を過冷却状態にして保存することができ、一瞬で凍らせることができるから食材の細胞破壊を抑制して冷凍ができる。

しかも、解凍せずに調理ができる。

日立の冷凍室

3段設計の上段にアルミトレイがあり、そこで熱を素早く奪い取り凍らせることができるので、解凍後のお肉はドリップがほぼ出ない状態にできる。

これは、素早く冷やして食材の細胞破壊を抑制しているからです。

東芝の冷凍室

カット野菜を下茹でぜずに冷凍すると、細胞破壊を抑制し栄養素を保って保存ができます。

更に、かたまりにならずに凍るので調理などにも使いやすいです。

ただ、あくの強い野菜は冷凍に適していないのでこのこの機能でもおすすめしません。

パナソニックの冷凍室

製氷室の右側に小さい冷凍室があり、その中にはアルミプレートが設置されていて熱いままのご飯などがそのまま保存できます。

また、お肉などはうまみを逃がさない新鮮凍結保存ができます。

シャープの冷凍室

何と言っても大容量なのでたっぷり保存ができて、4切り名人で庫内をキレイに整理整頓(せいりせいとん)できます。

下3段目は500mlのペットボトルも立てた状態で保存できるのも便利なので、たくさん保存ができて整理整頓ができるのが特徴ですね。

冷凍室選びまとめ

  • 解凍いらず:三菱
  • 素早く冷やす:日立
  • 野菜冷凍:東芝
  • 新鮮凍結:パナソニック
  • 大容量:シャープ

個人的ランキング

  1. 三菱
  2. 日立
  3. パナソニック
  4. 東芝
  5. シャープ

切れちゃう瞬冷凍が魅力的なので三菱が1位で、2位と3位はどちらでも良い。

野菜は冷凍する事があまりないから4位が東芝で、冷凍室が大きすぎても必要ないので5位がシャープ。

製氷機で選ぶなら

  • まるごとクリーン製氷:三菱
  • 急速製氷:日立
  • 一気製氷:東芝
  • スピード製氷:パナソニック
  • おうちでロック製氷:シャープ

三菱の製氷機

なんと、水の通り道となる給水経路を外して洗う事ができちゃいます。

更に、給水タンクと製氷皿も洗えるからミネラルウォーターで氷を作っても、ずっと清潔な氷を作る事ができます。

しかも、全て簡単に外せるので掃除に面倒な思いをしなくて済むのも嬉しい。

日立の製氷機

急速製氷と通常の製氷モードがあり、可もなく不可もなくと言ったところだ。

特徴がなくスタンダードなタイプの製氷機と言える。

給水タンクと製氷皿は外せるが、給水経路の管は外して洗えないので、給水タンクに水を入れて自動清掃するタイプです。

必ず取り扱い説明書を確認しましょう。

東芝の製氷機

一気製氷モードで最速約60分で氷ができます。

製氷タンクの奥にある管を外して清掃するやり方だが、野菜室が真ん中なのでその管が長く、洗うのが少々大変なのが気がかりで製氷皿は外せない。

もちろん給水タンクは外して洗えます。

パナソニックの製氷機

最短約80分で氷ができます。

それ以外は至(いた)ってオーソドックなタイプで可もなく不可もなくです。

給水タンクと製氷皿を外して洗う事ができますが、水の通り道は外して洗う事はできません。

自動清掃タイプなので、取り扱い説明書を読んで使いましょう。

シャープの製氷機

キラット製氷モードで作った氷だと、ものすごく透明な氷ができます。

見た目がキレイなので、パーティーやおしゃれなドリンクに活用できますね。

給水タンクを外して洗う事はできますが、製氷皿と給水経路の管を外すことはできません。

自動清掃タイプなので、取り扱い説明書を読んで使いましょう。

製氷機選びまとめ

  • 全部洗える:三菱
  • 普通:日立
  • 約60分製氷:東芝
  • 約80分製氷:パナソニック
  • 見た目がキレイ:シャープ

個人的ランキング

  1. 三菱
  2. 東芝
  3. パナソニック
  4. 日立
  5. シャープ

全部洗えるのは三菱だけなので1位。2位から5位は特にこだわらないので、今回はスピード順にしました。

省エネで選ぶなら

  • NEW MICLOSS:三菱
  • フロストリサイクル:日立
  • 新鮮ツイン冷却:東芝
  • エコナビ:パナソニック
  • 節電25:シャープ

三菱の省エネ

高性能真空断熱材・エアガイド・NEW MICLOSSの3つと全室独立設計で、ものすごく省エネ性能が高い。

日立の省エネ

霜の力で庫内を冷やし、コンプレッサーの動きを停止、再びコンプレッサーが稼働し冷たい霜を作り停止、これを繰り返し、真空断熱材と電力を抑えた省エネ。

東芝の省エネ

2つの冷却器が、上段と下段で冷やす役割を果たすことで省エネになる。

パナソニックの省エネ

光で収容量を調べたり、1時間ごとに分析しデータ化しているので、節電稼働ができる。

シャープの省エネ

25項目を対象に人工知能が節電をコントロールしている。

省エネ選びまとめ

  • ムダなく冷やす:三菱
  • 霜の力:日立
  • 2つの冷却器:東芝
  • 光センサー:パナソニック
  • 人工知能で25項目節電:シャープ

個人的ランキング

  1. 三菱
  2. 日立
  3. パナソニック
  4. 東芝
  5. シャープ

金額に換算してみると、三菱が一番安くその次が日立だった。

それ以外は、ほぼ同じなので3位から5位は順位にほとんど差がない。

こちらもチェック

冷蔵庫を買う前に、事前に確認しておいた方が良いので紹介します。

この2つは必ず確認しておきましょう。

他にどんな料金が発生するのかわかるだけでなく、実際の搬入から設置までの細かい情報を知る事ができます。

買ってから、「あれ?入らない」なんてことのないように事前に済ませておきましょう。

家電量販店でお願いできるので、相談だけでもしてみましょう。

まとめ

冷蔵庫を買うなら、三菱を基準に考えて選ぶと決めやすいです。

良く使う機能や保存方法などを考えて、あなたにピッタリの1台を探してみましょう。

選び方まとめ

選び方 メーカー
省エネ 三菱・日立
冷凍室 三菱
チルド室 三菱・日立・パナソニック・東芝
野菜室 三菱・日立・パナソニック・東芝
真ん中野菜室 東芝・シャープ
冷凍室の広さ シャープ・パナソニック
野菜室の広さ 東芝・パナソニック
製氷機のお手入れ 三菱

引用元:冷蔵庫おすすめ2017年プロの選び方

前シリーズと比較しても、大きく選び方が変わったわけではないので上記表を参考にしてみてください。

参考記事一覧

三菱2018モデル
三菱冷蔵庫2018年モデルについて全て公開

大人気の三菱冷蔵庫に、待望の新商品が発売になりました。 発売日は2017年8月上旬からなのですが、2018年モデルとしてご紹介させていただきますので、ご了承ください。 ※この記事では、最新冷蔵庫の情報 ...

日立2018モデル
日立冷蔵庫2018年モデルについて全て公開

2018年の日立冷蔵庫ならXGシリーズをおすすめします。過去のXGシリーズが今回グレードアップしてニューリリース。 前シリーズとの比較で、どう変わったのかご覧ください。 スポンサーリンク アドセンスP ...

パナソニック冷蔵庫HPXタイプ
パナソニック冷蔵庫2018年モデルについて全て公開

Panasonic冷蔵庫のHPXシリーズとXPVシリーズの特徴を公開しています。過去のシリーズと比較して、どんなところが変わったのかご覧ください。 スポンサーリンク アドセンスPC HPXシリーズにつ ...

東芝2018モデル
東芝冷蔵庫2018年モデルについて全て公開

2017年9月以降に発売になった東芝の冷蔵庫について、過去のシリーズと比較してみました。 大きな変更点は2つです。 冷却システムと野菜室がパワーアップしました。下記にて紹介していますのでご覧に下さい。 ...

シャープ冷蔵庫2018モデル
シャープ冷蔵庫2018年モデルについて

前シリーズからお馴染みのメガフリーザーを中心に、どんな変更がされたのか一挙ご紹介していきたいと思います。 スポンサーリンク アドセンスPC シャープ冷蔵庫の特徴 メガフリーザー 4切(しき)り名人 新 ...

冷蔵庫おすすめ2017
冷蔵庫おすすめ2017年プロの選び方

あなたは家電量販店に冷蔵庫を見に行くと扉を開いては「これたくさん入るなー」とか「あ、これ安い」とかそんなこと口にしながら見て回っていませんか? でも、それダメ! 実は何も知らずに冷蔵庫を選んでしまうと ...

アドセンスPC

Twitterフォロワー数

いいね!ボタン

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
石川 貴彦

石川 貴彦

出身:栃木県/住所:埼玉県/生年月日:1987.02.15/学歴:中卒/ペット:柴犬(女の子)/友達申請:大歓迎/職業:Web制作・ブログライター

-冷蔵庫, 冷蔵庫比較
-, , , , ,

Copyright© バーチャルスペース , 2018 All Rights Reserved.