Twitterフォロワー数

いいね!ボタン

ブログアクセス数を増やすために絶対やるべきSEO内部対策28

投稿日:2017年10月16日 更新日:

Webページを最適化する施策内部対策

https://virtual-space.co.jp

Webページを検索の上位に表示させることは、ブロガーにとって一番重要な事だと思います。Googleの検索アルゴリズムがパンダアップデートにより、コンテンツの品質を評価するようになって以来、PR(ページランク)対策の媒体が検索上位に表示されることがなくなりました。

そこで今回ご紹介する内部対策とは、コンテンツの品質を良いものに仕上げるための対策の1つなので良かったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

アドセンスPC

検索結果に表示されるタイトルについて

ページタイトルが、検索順位に直接的に影響があるのはご存知だと思います。理由は、Googleがサイト内のページそれぞれに固有のタイトルを付けることを推奨しているからです。

つまり、魅力的なタイトル文が重要になります。すでに記事を公開している場合でも修正が簡単にできるタグなので、安心して見直してみてください。

タイトルタグの重要性について

多くのユーザーは、検索結果画面の1ページ目から順にウェブページを探す傾向にあります。僕もその一人です。どのページをクリックするか判断するときに参考にしているのが「タイトル」「スニペット」「URL」です。「日付」も目安になります。これらを総合的にみて、求める情報がありそうなページをクリックします。

タイトルやスニペットは、自分で簡単に最適化できる要素であり、ユーザーに直接アピールができるので、必ず設定するようにしましょう。タイトルタグは、HTMLで<title></title>と記述し、その中にタイトル文を記入します。

<title>任意の記事タイトル(ここがタイトルタグの記述になる部分)</title>タイトルタグの記述は、基本的に検索結果にそのまま反映されます。

注意メモ

  • タイトル文が短い
  • 空白
  • コンテンツの内容と異なる
  • クエリとの関連性がない

上記の場合は、Googleが自動で設定することもあります。

タイトル記述について

タイトル文を作成するときに注意すること

検索結果の画面上に表示されるタイトル文には、表示できる幅に制限があります。下の画像で確認してみてください。

タイトルが入りきらない場合

ユーザーや検索エンジンにとっては、ページの内容を判断する手掛かりになるので、短過ぎるのはダメです。ですが、長過ぎてもダメなので目安としては、30文字程度がおすすめです。

以前は、タイトルにキーワードを含めることで順位が大きく変化しましたが、現在ではそれほど大きな影響はありません。それでも順位に直接影響する要素ではあるので、重要なページのタイトルでは意識して使ってください。

注意メモ

キーワードをとことん含めた単純なキーワード羅列(られつ)の書き方はやらないでください。

おすすめのやり方

コンテンツに含まれるトピックにマッチするキーワードのうち、優先度の高い2~3ワードに絞って魅力的な文章のタイトルを作りましょう。

魅力的なタイトルにすることで、ライバルサイトに検索順位で負けていたとしても、クリックされる割合は同等以上の効果が期待できます。

SEOを意識し過ぎてブログアクセスが減少した失敗例について

SEOを意識してタイトルを作成することは大切ですが、意識し過ぎて逆にアクセスをガクッと減少させてしまう失敗例もあります。

まず、ページ内のコンテンツと一致していないタイトルにはしないこと。仮に上位表示されても「目的の情報がない」とわかった時点で、再び検索エンジンへ戻って他のページを訪問するからです。

結果、これがブログのアクセスを減少させる原因になります。内容と無関係のタイトルは、全ての検索ユーザーを困らせてしまう悪質な行為なので、絶対にやらないようにしましょう。

狙いたいキーワードにマッチするコンテンツが無い場合は、既存ページの中にコンテンツを追記するか、別ページでキーワードにマッチするコンテンツを作るようにしましょう。

WordPressでタイトルタグを最適化してみよう

ユーザーは、検索結果に表示される情報からクリックの判断をします。そこで、重要なタイトルタグWordPressを使って簡単に最適化を行う方法があるので、ご紹介していきます。

今回は、利用者も多いプラグインを使った解説をしていきます。

All in One SEO Packでタイトルタグを最適化する方法

タイトルの編集機能は、一般的なツールであれば標準で搭載されています。有料ツールは、販売元で確認してください。僕のWordPressテーマはAFFINGER4ですが、問題なく利用できています。HTMLファイルの場合は、直接<title></title>の箇所を編集してください。

WordPressの場合、「All in One SEO Pack」を有効化すれば、ページ個別にタイトルやメタディスクリプションを設定できます。

All in One SEO Packインストールと有効化の方法

プラグイン有効後にタイトル設定する方法について

WordPressに「All in One SEO Pack」をインストールし有効にしたら、ページ個別に設定していきましょう。

「投稿」もしくは「固定ページ」を選択し、下にスクロールすると設定項目が表示されます。

All in One SEO Packタイトル文の入力方法

ライバルと差をつけるためには、タイトルタグの最適化は必ずやりましょう。また、コンテンツの品質を改善することも忘れずに行いましょう。

スニペットを魅力的に記述してアクセスアップを狙う

検索結果のスニペット紹介文)には、「meta description」(メタディスクリプション)に記述した文章が表示されます。スニペットを魅力的に記述することが、アクセスアップとどのように関係しているのか解説していきます。また考慮すべき文字数などについてもご紹介します。

メタディスクリプションについて

ユーザーは検索結果ページの情報を見て、クリックするページを決めます。この場合、「メタディスクリプション」の情報がとても重要になります。なぜなら、タイトルと同様に紹介文(スニペット)もクリックの決め手になるからです。

メタディスクリプションは、<meta name="description" content="紹介文"/>と記述し、紹介文を簡素に記述します。メタディスクリプションが空白の場合や、内容と異なる紹介文になっている場合は、Googleが自動で本文から抽出することもあります。

メタディスクリプションがクリック率に影響している理由

メタディスクリプションタイトルタグと違って、直接表示順位に影響することはありません。どちらかと言えば、クリック率に影響してきます。つまり、紹介文(スニペット)の記述次第って事です。

また、検索結果画面に表示されるスニペットは、クエリや利用するデバイスによって文字数が変化します。パソコンの場合は、110文字以内だと省略されにくいです。モバイルだと、50文字前後ですが110文字以上でも省略されないこともあります。

パソコンとモバイルの検索結果表示の違い

検索結果に表示される文字数は、頻繁(ひんぱん)に変更されるので、これらは1つの目安にして覚えておいてください。

メタディスクリプションに紹介文を記述してみる

タイトルメタディスクリプションは、コンテンツ作成時に必ずページごとに設定してください。これから、WordPressを使って紹介文を記述する方法をご紹介しますが、HTMLファイルの場合は「content=""」内に記述してください。

<head><meta name="description" content="この中に任意の紹介文"/></head>

All in One SEO Packを使って紹介文を記述する方法

WordPressのプラグインAll in One SEO Packを使って設定してみましょう。まず、プラグインを有効化しておいてください。次に記事作成画面の一番下の方へ移動します。すると、タイトルとメタディスクリプションなどを設定できる項目が出てきます。

メタディスクリプションのスニペット

設定した情報はすぐには検索結果に反映されません。Googleクローラーが情報を取得後に反映されるようになります。クエリと関連性のないディスクリプションの場合は、記述した内容と異なる表示になることもあります。

Search Consoleを活用して内部対策をしてみよう

Search Consoleで問題をチェックする方法

Search Consoleを活用すれば、Googleクローラが発見したタイトルメタディスクリプションに関する問題を確認することができます。

タイトルとメタディスクリプションの確認について

タイトルメタディスクリプションに、記述ミスがないか確認してみましょう。

  • タイトルタグの記述がないページがある
  • タイトルが重複しているページがある
  • タイトルが長いまたは短い
  • メタディスクリプションが重複している
  • メタディスクリプションが長いまたは短い

コンテンツの数が少ない場合は、目視による修正も可能です。もしも大規模なWebサイトであれば、Search Consoleを使って確認しましょう。

Search Consoleを活用してタイトルと紹介文を修正する方法について

魅力的なタイトルメタディスクリプションを設定していると、それだけでクリックされる可能性がアップします。そこで、Search Consoleを活用して修正すべきWebページを改善させてみましょう。

まずは、1~3の手順で進めます。

チェックを入れる項目

  • クリック数
  • 表示回数
  • 掲載順位
  • ページ

Search Consoleで集客の多いページを抽出

次に、クリック数が多いページを選択(カーソルを合わせてクリックしてください)

Search Consoleでクエリ抽出

最初にチェックを入れた箇所を変更します。「ページ → クエリ」に変更してください。

Search Consoleでクエリを調べる

掲載順位が10位以内で、表示回数が多いクエリを実際に検索して調べてみましょう。検索結果画面に表示されているライバルサイトと比較して、タイトルやメタディスクリプションの最適化をすれば完了です。

見出しを活用して読みやすいWebページを心掛ける

わかりやすい見出しを設置することで、ユーザーは探している情報を素早く見つける事ができます。一番重要な見出しには、「h1」タグを使用し、見出しのレベルに応じて「h2h6」までを使い分けましょう。HTMLでは、hと数字の組み合わせで記述します。

  • <h1>大見出し</h1>
  • <h2>小見出し</h2>

見出し使用例

現在(2017年10月)では、見出し(hタグ)はコンテンツの文脈や構造を理解するために、少しだけ役に立つ程度の存在になっています。そのため、見出しが正しく使われていない場合でも、それが致命的な問題としてみなされることはなく、順位が下がるわけではありません。

SEOと言うよりも、読みやすさの観点から見出しを活用することをおすすめします。

見出しアイキャッチ
見出しの使い方が良くわかる3つの方法について

あなたは普段から記事を書くときに注意していることは何ですか? 文字数、アイキャッチ画像、フォントの大きさ…。どれもとても大切ですよね。ところできっちりと「見出し・小見出し・段落」を使って記事を書いてい ...

WordPressで見出しを設定してみる

WordPressでは、「段落」と表示されているプルダウンから選択できます。

WordPressの見出しの使い方

見出しのデザインは利用しているテンプレートによって異なるので、デザインの修正にはHTMLとCSSの知識が必要です。それと、SEO目的でデザインを変更する必要はありません。

以前は、「見出しにキーワードを含めたほうが良い」、「複数のh1タグを使ってはいけない」などと言われていましたが、現在(2017年10月)では、あまり関係ありません。

読みやすく自然であれば、キーワードが含まれていても問題ありませんし、無理に含める必要もありません。ユーザーや検索エンジンにわかりやすく読みやすい階層構造を意識して使用することが大切です。

画像には必ずalt属性を記述しておこう

通信環境が悪い時などに画像が表示されるまでに時間が掛かることがあります。この時に「alt属性」に記述しておいたテキストが、代わりに表示されるようになります。Googleもその画像が何なのか判断するために、alt属性を利用しています。

WordPressでalt属性を記述する方法

alt属性の役割

「代替テキスト」とも呼ばれ、画像が表示されるまでの間に、代わりに表示されるテキストを記述するためのタグです。

alt属性を記述しておくメリットについて

ユーザーは様々な環境でWebサイトにアクセスすることが想定されます。ですが、しっかり記述しておけば以下のような環境化でも対応することができます。

スクリーンリーダー

読み上げソフトに対応できるので、マウスを画像の上に乗せると、alt属性に入力したテキストが読み上げられます。

<img src="/sample.png" alt="サンプル画像" title="サンプル画像">

alt属性を使用する際の注意点について

alt属性を正しく設定することで、検索エンジンに理解しやすいWebページになるので、画像検索にもヒットする可能性が高まります。ですが、以下の場合には注意しましょう。

全ての画像にalt属性を含める必要はない

Webサイトのデザイン上で使用しているスペーサー画像には、含める必要はありません。

無関係なキーワードを詰め込まない

alt属性に無関係なキーワードを詰め込むことは、ガイドライン違反です。

簡素に記述する

長い文章ではなく、簡素に記述すること。

絶対やるべきアンカーテキストの記述について

アンカーテキストとは、リンクが設定されたテキストの事です。

適切にアンカーリンクを設置すると、検索エンジンやユーザーに対して、リンク先ページの内容の理解を手助けする効果があります。設定するときは、クリックした先のページの内容が理解できるように配慮して簡素なテキストを設定しましょう。

Googleはアンカーテキストのリンクを見て、リンクとコンテンの関連性を把握し、信頼度を評価しています。同サイト内のコンテンツリンクも、検索順位に影響する要素です。

適切なアンカーリンクの記述方法について

こちらへ」「次へ」「柴犬についてはこちらをクリック」この3つのワードは、見本としてテキストリンクに似立てたものであって、クリックできませんのでご注意を。

リンク先が理解できるテキストにすること

こちらへ」「次へ」などはリンク先ページがわかりにくいので、記述としておすすめしません。

リンク先と無関係のテキストリンクにしない

柴犬についてはこちらをクリック」と記述してあるのに、クリックしたら「経済情報サイト」だった。なんてことの無いようにしましょう。

長い文章にリンクを設置しない

アンカーテキストは、単語か短い文章で記述しましょう。SEOを意識し過ぎて、キーワードを詰め込むようなこともしないようにしましょう。

リンクとわかる書式にすること

隠しリンクガイドラインで禁止されていますので、青背景に青リンクは誤解を招くのでやめましょう。

記述ミスのHTMLは検索順位に影響するのか解説します

結論から言うと、HTMLやCSSを正しく記述することは、SEOにおいてそこまで重要ではありません。すごいことに、Googleは多少の構文ミスがあっても内容を理解できます。なので、自動補正されてページを表示することができるのです。

SEOでは、「検索エンジンの評価を上げるためにHTMLやCSSなどの記述を正しくしましょう」などと良く言われていますが、HTMLの記述によって検索エンジンから優遇されたり、減点されることはありません。

Googleがみているのは、ユーザーにとって使いやすいかどうか情報の品質などです。完璧なHTMLの記述でも、全くと言って良いほど順位に影響しません。

どちらかと言うと、ページのレイアウトが崩れていたり、タグの記述が抜けている場合は、検索順位に影響があるかもしれませんので、構文チェックツールで調べてみるのも良いかもしれませんね。

こちらの、W3C Markup Validatorなら無料でチェックができますので良かったらどうぞ。

正しいHTMLを記述する理由について

ユーザーが快適に利用ができるかをGoogleは評価しているので、直接もしくは間接的に順位に影響するとしたらHTMLの記述が間違っていて、レイアウトが崩れてページが使いにくい場合などが考えられます。ページ作成や更新後は、各種ブラウザーで表示確認してみた方が良いです。

パソコン・タブレット・スマートフォン、など異なるデバイスでの表示確認もしておきましょう。公開ページがGoogleにどのように認識されているか確認する場合には、Search Consoleを使います。

  1. Search ConsoleクロールFetch as Google
  2. パスに表示されたURLをクリック
  3. Googlebotの認識内容を確認する

Search ConsoleでFetch as Googleを使う方法

アクセス数を増やしたいなら同義語について理解を深めてみよう

同義語とは、言葉は違っても似ている代替可能な言葉の意味です。例えば、「歯医者」と「歯科医」は同じ意味ですが、異なる検索結果になります。「歯医者」の場合は、地域別にポータルサイトが上位に表示されます。「歯科医」の場合は、歯科医師会のページなどが上位に表示されます。

このように異なる検索結果になるので、対策として「ユーザーの利用頻度が高い単語に統一する」か「不自然とならない同義語をページで織り交ぜる」ような2つの方法が考えられます。

Googleキーワードプランナーでクエリの使用頻度を調べてみる

同義語の検索ボリュームを調べて、優先的に使用するワードを絞ってみましょう。Google Adwordsのキーワードプランナーを使えば簡単に調べることができます。

こちらの記事で使い方を紹介していますので参考にしてみてください。

keywordの調べ方知らないと損
簡単すぎる1分で出来る人気キーワード大量発掘おすすめ方法

石川 貴彦今回は1分で大量にキーワード抽出ができる方法について教えちゃうぞ! よろしくお願いします!ころちゃん 石川 貴彦よろしくお願いします。 それではいきなりですがですが、この方法のネタバレをしま ...

現時点(2017年10月)では、Googleの同義語の扱いは完ぺきではないので、どちらのクエリもカバーしておきたい場合は、両方をページに含めることもあります。

同義語を織り交ぜるか統一するかについて

ページ内に同義語を含める場合、キーワードとその同義語を1つの文章中で使用すると、不自然な文章になってしまいます。それを避けるためには、同義語を使う場合は段落を分けて、同義語であることを説明するなどして、自然でわかりやすい文章になるように意識しましょう。

また、2つのクエリで検索ユーザーの意図が異なっている可能性があります。

  • 歯医者=患者
  • 歯科医=歯科医師・医療関係者
ユーザーの性質を考えてみよう

  • 歯が痛い人(患者)が探しているのは「歯医者」
  • 歯科医師を探している人は「歯科医師」

このように、クエリは異なります。

SEOにおいて同義語を使うメリットとデメリットについて

同義語を使うメリット

様々なパターンで検索されやすい

同義語を使うデメリット

ユーザーを混乱させる文章になりがち

コンテンツの質を重視するなら、用語は統一する方がおすすめです。数年先には、検索エンジンの同義語を解釈する精度がアップする可能性が高いので、検索頻度の高いクエリにフォーカスして用語を統一していく方が良いと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。この記事では、多くのユーザーに快適にご利用いただけるようにWebページを改善していく方法をご紹介しました。ただ漠然とコンテンツ制作を行うのではなく、検索エンジンやユーザーに内容を簡素に伝える工夫がとても大切です。

ご紹介した通り、タイトル見出しなどSEOを意識した対策を行う事で、ブログのアクセスを飛躍的にアップさせる事ができます。僕の場合は、すでに公開しているコンテンツを後で見直すことで、修正点を見つけ出し改善に繋(つな)げています。

細かいことですが、意外と誤字脱字(ごじだつじ)ってあるので発見したらすぐに修正するようにしています。気分転換にサイトのデザインを変更することがありますが、できるだけ記事が読みやすくなるように心掛けています。

ブログデザインってアクセス数とはあまり関係ない部分ですが、ユーザーに読みやすくカスタムすることは良いことだと思います。ただ、そんなところに時間を費(つい)やしても意味がないので、運営方針にマッチしたWordPressテンプレートを使うようにしています。

僕のお仕事は、アドセンスアフィリエイトなどが中心なのでAFFINGER4を利用しています。SEOを考慮したテンプレートテーマなのと、面倒な設定が必要ないのでとても気に入っています。あなたにピッタリのテンプレートを使って、SEOやコンテンツ制作の最適化をするのもおすすめします。

最後まで、長々とありがとうございました。

素人が2万PV軽く超えたので無料のやり方5つを紹介
素人が2万PV軽く超えたので無料のやり方5つを紹介

あなたも経験していると思いますが、自分のブログ記事を検索ページの上位に表示させるのは、容易ではありませんよね。特に、ブログを始めたばかりの頃って、SEOって言われてもなんのこっちゃって話だったと思いま ...

【知識不要】意図的に記事のアクセスを増やす方法
SEO知らない人がアクセスを得るための簡単すぎる3つの方法

この記事は、アクセスがなかなか集まらず苦戦をしている方のために執筆しました。そういった理由の方に、ぜひ読んでほしい記事の1つではあります。 タイトルにもあるようにSEOについて勉強中のブログ初心者の方 ...

アドセンスPC

アドセンスPC

Twitterフォロワー数

いいね!ボタン

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
石川 貴彦

石川 貴彦

出身:栃木県/住所:埼玉県/生年月日:1987.02.15/学歴:中卒/ペット:柴犬(女の子)/友達申請:大歓迎/職業:Web制作・ブログライター

人気記事ランキング

素人が2万PV軽く超えたので無料のやり方5つを紹介 1

あなたも経験していると思いますが、自分のブログ記事を検索ページの上位に表示させるのは、容易ではありませんよね。特に、ブログを始めたばかりの頃って、SEOって言われてもなんのこっちゃって話だったと思いま ...

Webページを最適化する施策内部対策 2

Webページを検索の上位に表示させることは、ブロガーにとって一番重要な事だと思います。Googleの検索アルゴリズムがパンダアップデートにより、コンテンツの品質を評価するようになって以来、PR(ページ ...

月間1万PVのまとめ 3

どうも、石川貴彦(いしかわたかひこ)です。この記事のタイトルを見てサイトに訪れてくれたあなたは、僕と似たような活動をしてるんじゃないかと思っています。 まずはじめに、僕の簡単な自己紹介をさせてください ...

3分でわかる301リダイレクトについて 4

GoogleがSSL対応(https://)のドメインを優先的に検索結果の上位に表示する話は知っていると思います。そこで今回は、スタートがSSL非対応(http://)だった方が、SSL対応にした後に ...

Amazonアソシエイトアイキャッチ画像 5

ナレーション:それは、2017年3月。一人の男が存在した。その男は、過去に何度もアフィリエイトを実践するも無残な結果を叩き出してきた。もうダメだ…。男は何度もそう思った。しかし、ここで引き下がるわけに ...

-SEO
-,

Copyright© バーチャルスペース , 2018 All Rights Reserved.