Twitterフォロワー数

いいね!ボタン

東芝冷蔵庫2018年モデルについて全て公開

投稿日:2017年9月5日 更新日:

東芝2018モデル

https://virtual-space.co.jp

2017年9月以降に発売になった東芝の冷蔵庫について、過去のシリーズと比較してみました。

大きな変更点は2つです。

冷却システム野菜室がパワーアップしました。下記にて紹介していますのでご覧に下さい。

GR-K550FW(ZC)
東芝冷蔵庫おすすめ2017

今回は東芝冷蔵庫のスペックなどをまとめてみましたが、あなたは真ん中野菜室以外に知ってることって何でしょうか? って事で意外と知られていない事が多いんじゃないかと思いましたので、ほとんどの人が気にしてい ...

スポンサーリンク

アドセンスPC

新鮮ツイン冷却システム

前シリーズでも採用されていた、「ツイン冷却システム」がパワーアップしました。

まずは、このツイン冷却について解説します。

ツイン冷却システムとは

ツイン冷却とは、冷蔵庫本体に搭載されている冷却器が2つ搭載されていることで、それが上段下段で、それぞれ役割を果たしているものです。

ツイン冷却システム

これにより、適した庫内環境を作り、それをキープできるシステムのことです。

うるおい冷却器(上段)

まずは、うるおい冷却器の「上段」とは、どこまでが範囲なのかご覧ください。

上段の冷却範囲について

  • 冷蔵室
  • チルド室
  • 野菜室

上記この3つが範囲です。

うるおい冷却器の効果とは

水分をたっぷり含んだうるおい冷気で、乾燥に弱い生モノの保存に適した低温で高湿度な環境で保存ができます。

広い庫内のすみずみまで効率良く冷やせるのと、温度変動の少ない安定した低温を維持できます。

パワフル冷却器(下段)

うるおい冷却器の「下段」の範囲からご覧ください。

下段の冷却範囲について

  • 冷凍室
  • 製氷室

上記2つが範囲です。

パワフル冷却器の効果とは

大風量のパワフル冷気を発生させる冷却器のことで、一気冷凍設定時には、食材の水分が凍る-1℃~-5℃の温度帯を急速に通過させて、うまみや栄養が流出するのを防ぐことができます。

また、温度が上がりやすい霜取り運転時も含め、常に-18℃以下の安定した低温をキープします。

もっと潤う 摘みたて野菜室

新開発

ミストチャージユニット(透湿ユニット)

新鮮ツイン冷却システムの働きで、うるおい冷気が1日20回以上も循環します。

更に、新開発のミストチャージユニットが冷気中の水分だけを抽出してから野菜室に取り込むことができるので、野菜に適した低温・高湿度環境にコントロールできます。

乾燥も結露も気にせず、鮮度とおいしさが長持ちできるのも魅力の一つですね。

ミストチャージユニット

過去シリーズの特徴について

過去シリーズを知ることで、現在の変更点との違いもより理解を深めることができます。合わせて確認してみてください。

  • 新鮮摘みたて野菜室
  • 光触媒ルネキャット
  • 速鮮チルド
  • 真ん中野菜室
  • 解凍モード
  • 2段チルド
  • タッチオープン
  • 一気冷凍
  • ドライモード

詳しくはこちらの記事を参考にして下さい。

まとめ

新鮮ツイン冷却を軸に、上段と下段の適切な保存環境コントロールがで実現したことで、生モノや野菜の保存がより素晴らしくなりました。

僕の感想としては、前作と比較して考えると目に見える大きな変更点はあまり感じませんでしたが、見えないところに注力して良い製品を作っているんだなって思いました。

ただ、真ん中野菜室ってだけじゃなくて、鮮度にもこだわって開発している東芝の冷蔵庫は今作も注目ですね。

関連記事一覧

MXシリーズアイキャッチ

2018/2/28

【2018年春モデル】三菱MXシリーズ真ん中野菜室について

2018年春モデル、三菱からついに待望の真ん中野菜室の冷蔵庫が中大型タイプで登場です。今後ますます目が離せなくなって参りました。真ん中野菜室でシェアを独占しているT社の反応も気になりますね。 関連記事 スポンサーリンク アドセンスPC MXシリーズとは MXシリーズとは、2018年春モデルの冷蔵庫です。これまで冷凍室が真ん中にある製品がメインだった三菱ですが、ユーザーの声に多かった真ん中野菜室をついに3月30日に発売することになった。 型番 容量(リッター) MR-MX57D 572L MR-MX50D ...

続きを読む

冷蔵庫2018プロの選び方

2017/9/21

冷蔵庫おすすめ2018プロが教える選び方や特徴の全まとめ

こちらの記事は、かつてメーカーとして勤務していた冷蔵庫のプロが、2017年8月から9月の間に発売された最新冷蔵庫について、2018年モデルとしてご紹介している内容になっています。 記事内には、過去の情報も掲載しておりますので、一括して情報の比較もできますので良かったらご覧になってみてください。 2018年春モデル + 2018年モデルはこちら[表示] 過去の記事 スポンサーリンク アドセンスPC 最新冷蔵庫5社メーカーの機能・特徴 今回ご紹介するメーカーはこちらの5社です。 三菱 日立 東芝 パナソニック ...

続きを読む

シャープ冷蔵庫2018モデル

2017/9/12

シャープ冷蔵庫2018年モデルについて

前シリーズからお馴染みのメガフリーザーを中心に、どんな変更がされたのか一挙ご紹介していきたいと思います。 スポンサーリンク アドセンスPC シャープ冷蔵庫の特徴 メガフリーザー 4切(しき)り名人 新鮮冷凍 ステンレスミスト冷蔵室 おうちでロック製氷 雪下シャキット野菜室 プラズマクラスター 対震ロック 電動アシストドア 節電25モード COCORO KITCHEN COCORO KITCHEN 今シリーズの話題作は、何と言ってもAI機能です。2017年9月13日放送のWBS(ワールドビジネスサテライト) ...

続きを読む

東芝2018モデル

2017/9/5

東芝冷蔵庫2018年モデルについて全て公開

2017年9月以降に発売になった東芝の冷蔵庫について、過去のシリーズと比較してみました。 大きな変更点は2つです。 冷却システムと野菜室がパワーアップしました。下記にて紹介していますのでご覧に下さい。 スポンサーリンク アドセンスPC 新鮮ツイン冷却システム 前シリーズでも採用されていた、「ツイン冷却システム」がパワーアップしました。 まずは、このツイン冷却について解説します。 ツイン冷却システムとは ツイン冷却とは、冷蔵庫本体に搭載されている冷却器が2つ搭載されていることで、それが上段と下段で、それぞれ ...

続きを読む

パナソニック冷蔵庫HPXタイプ

2017/8/25

パナソニック冷蔵庫2018年モデルについて全て公開

Panasonic冷蔵庫のHPXシリーズとXPVシリーズの特徴を公開しています。過去のシリーズと比較して、どんなところが変わったのかご覧ください。 スポンサーリンク アドセンスPC HPXシリーズについて 前作のシステムを引継ぎしている今作のHPXタイプとは、具体的にどのように改良されたのか気になりますね。それでは、ご覧ください。 引継ぎされた機能 微凍結パーシャル ワンダフルオープン Wシャキシャキ野菜室 ECONAVI nanoe(ナノイー) 日本製 新機能 ナノイーX ナノイーXとは 従来の「ナノイ ...

続きを読む

アドセンスPC

Twitterフォロワー数

いいね!ボタン

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
石川 貴彦

石川 貴彦

出身:栃木県/住所:埼玉県/生年月日:1987.02.15/学歴:中卒/ペット:柴犬(女の子)/友達申請:大歓迎/職業:Web制作・ブログライター

-冷蔵庫, 東芝冷蔵庫
-,

Copyright© バーチャルスペース , 2018 All Rights Reserved.