Twitterフォロワー数

いいね!ボタン

日立冷蔵庫2018年モデルについて全て公開

投稿日:2017年8月24日 更新日:

日立2018モデル

https://virtual-space.co.jp

2018年の日立冷蔵庫ならXGシリーズをおすすめします。過去のXGシリーズが今回グレードアップしてニューリリース。

前シリーズとの比較で、どう変わったのかご覧ください。

真空チルド プレミアム XGシリーズ
日立冷蔵庫おすすめ2017

おすすめ冷蔵庫で気になるのが日立ではないでしょうか。やはり1位2位を争う売れ筋ですから違いなど含めスペックは知っておきたいところですね。今回もかなり細かく解説していますので購入の参考にしてみてください ...

スポンサーリンク

アドセンスPC

プレミアムXGシリーズについて

この度、XGシリーズがプレミアムとなって新商品となりました。

どのように改良されたのか、早速ご覧ください。

型番について

前シリーズ型番 最新シリーズ型番
R-XG6700G R-XG6700H
R-XG6200G R-XG6200H
R-XG5600G R-XG5600H
R-XG5100G R-XG5100H
R-XG4800G R-XG4800H
R-XG4300G R-XG4300H

本体カラーは3色

  • クリスタルブラウン(XT)
  • クリスタルシャンパン(XN)
  • クリスタルホワイト(XW)
メモ

型番は「GH」に更新されて、機能は全て前シリーズから引継ぎされた。

型番/寸法(mm) 高さ 奥行き
R-XG6700H 825 1,818 728
R-XG6200H 750 738
R-XG5600H 685
R-XG5100H 699
R-XG4800H 649
R-XG4300H 650 643

R-XG6700H

  • (XW)日立 670L 6ドア冷蔵庫(クリスタルホワイト)HITACHI R-XG6700H-XW
  • (XN)日立 670L 6ドア冷蔵庫(クリスタルシャンパン)HITACHI R-XG6700H-XN
  • (XT)日立 670L 6ドア冷蔵庫(クリスタルブラウン)HITACHI R-XG6700H-XT

R-XG6200H

  • (XW)日立 615L 6ドア冷蔵庫(クリスタルホワイト)HITACHI R-XG6200H-XW
  • (XN)日立 615L 6ドア冷蔵庫(クリスタルシャンパン)HITACHI R-XG6200H-XN
  • (XT)日立 615L 6ドア冷蔵庫(クリスタルブラウン)HITACHI R-XG6200H-XT

R-XG5600H

  • (XW)日立 555L 6ドア冷蔵庫(クリスタルホワイト)HITACHI R-XG5600H-XW
  • (XT)日立 555L 6ドア冷蔵庫(クリスタルブラウン)HITACHI R-XG5600H-XT
  • (XN)日立 555L 6ドア冷蔵庫(クリスタルシャンパン)HITACHI R-XG5600H-XN

R-XG5100H

  • (XW)日立 505L 6ドア冷蔵庫(クリスタルホワイト)HITACHI R-XG5100H-XW
  • (XT)【設置込】R-XG5100H-XT 日立 6ドア冷蔵庫505L 真空チルド プレミアムXGシリーズ クリスタルブラウン
  • (XN)日立 505L 6ドア冷蔵庫(クリスタルシャンパン)HITACHI R-XG5100H-XN

R-XG4800H

  • (XN)日立 475L 6ドア冷蔵庫(クリスタルシャンパン)HITACHI R-XG4800H-XN
  • (XT)日立 475L 6ドア冷蔵庫(クリスタルブラウン)HITACHI R-XG4800H-XT
  • (XW)日立 475L 6ドア冷蔵庫(クリスタルホワイト)HITACHI R-XG4800H-XW

R-XG4300H

  • (XW)日立 430L 6ドア冷蔵庫(クリスタルホワイト)HITACHI R-XG4300H-XW
  • (XT)日立 430L 6ドア冷蔵庫(クリスタルシャンパン)HITACHI R-XG4300H-XN
  • (XN)日立 430L 6ドア冷蔵庫(クリスタルブラウン)HITACHI R-XG4300H-XT

真空チルド

前作から引き継がれている真空チルドですが、今作ではプラチナ触媒と類似の性質を持つ貴金属であるルテニウムを新たに配合しました。

ルテニウムには、プラチナ触媒の作用を促す助触媒の働きがあり、エチレンガスや食品のニオイ成分を分解できる能力が大幅に向上します。

これにより分解が効率化され、従来の炭酸ガスと比較して約1.3倍も増加し、酵素の働きを抑えて鮮度の低下を抑制できるわけですね。

新プラチナ触媒

メモ

保存期間

  • 加熱調理用の肉・魚は、7日間
  • 刺身や生食用の魚は、3日間

新鮮スリープ野菜室

ルテニウムの配合により、野菜から出るエチレンガスやニオイ成分を効率よく分解できるようになりました。

その効果は、従来と比べて約1.2倍の違いです。

新鮮スリープ野菜室内では、炭酸ガス濃度が高まるので、自然と野菜の気孔が閉じてきます。これにより、野菜の呼吸活動を抑えられるので、眠らせるように野菜を保存します。

その効果で、栄養素の減少を抑制して野菜を長持ちさせます。

また、「うるおいカバー」の採用により、野菜から出る水分を閉じ込めて乾燥を抑えます。更に、「うるおいユニット」で余分な水分をケース外に放出し、適度な水分量を維持して結露を抑えます。

メモ

つまり、野菜のみずみずしさやビタミンCが長持ち。

ビタミンC残存量

  • アスパラガスで、10%アップ
  • 小松菜で、17%アップ

※2013年モデルのR-G6700Dと比較した場合。

スポット冷蔵

スポット冷蔵とは

従来の冷蔵室の各棚の温度は、約3℃~4℃の温度ですが、冷蔵室の上から3・4段目を、低温約2℃に保ち、料理を美味しく保存したり、温かい鍋周辺の温度上昇を抑制する冷蔵エリアのことです。

スポット冷蔵の仕組み

スポット冷蔵の仕組み

上から3・4段目がスポット冷蔵となっており、左側半分が「低温冷蔵スペース」、右側半分が「オート急冷却スペース」になっています。

つまり、スポット冷蔵設定時は「低温冷蔵」「オート急冷却」の2つの機能が同時に設定されるのです。

※この場合、片方のみのモード設定はできません。

※スポット冷却設定時の消費電力は、5%程度増加

低温冷蔵スペースについて

左半分のエリアには、まとめて作った料理や総菜などを、低温環境で保存することで、生菌類の繁殖を抑え、鮮度を守って美味しく保存できます。

オート急冷却スペース

右半分のエリアには、残ったカレーなど、まだ温かい状態の鍋をそのまま冷蔵庫に入れて保存するときに使います。

専用の温度センサーが検知し、自動で運転を切り替えて、冷気の量を増やし急冷却します。

これにより、温かい鍋を入れても、鍋周囲の食品の温度上昇を抑えることができるので、鍋が冷めるまで、常温で長時間待たずに済みます。

オート急冷却スペースの注意点

  • 温かい鍋は、約50℃まで
  • 食品の温度や量によって温度を検知できないことがある
  • 消費電力10%程度増加

デリシャス冷凍

前シリーズ引継ぎの、デリシャス冷凍です。

大型アルミトレイですばやく冷凍して、旨み(うまみ)成分の流出を抑えるのが特徴です。

これについては、すでに別の記事で詳しく解説していますので、そちらを参考にてみてください。

真空チルド プレミアム XGシリーズ
日立冷蔵庫おすすめ2017

おすすめ冷蔵庫で気になるのが日立ではないでしょうか。やはり1位2位を争う売れ筋ですから違いなど含めスペックは知っておきたいところですね。今回もかなり細かく解説していますので購入の参考にしてみてください ...

まとめ

今作の大きな特徴について、まとめてみます。

僕が思うところ、2つですかね。

  • ルテニウム
  • スポット冷蔵

まずはルテニウムですが、プラチナ触媒の作用を促す助触媒の働きで、エチレンガスやニオイ成分の分解能力が向上したことで、炭酸ガスもたっぷり生成できるようになりました。

これにより、酵素の働きを抑えて、美味しく新鮮に保存できる仕組みがパワーアップしたのが1つ目の特徴ですかね。

最後にスポット冷蔵ですが、左エリアが低温約2℃で、作り置き料理や惣菜などの生菌類の繁殖を抑え美味しく保存ができちゃうのがすごい!

更に、右エリアでは、温かいまま鍋ごと収納出来て、温度センサーが自動で温度コントロールし、オート急冷却で周囲の食品に影響を与えずに冷やすことができるのが今作の大きな特徴かと思います。

長くなりましたが、参考にしてみてください。

関連記事一覧

MXシリーズアイキャッチ

2018/2/28

【2018年春モデル】三菱MXシリーズ真ん中野菜室について

2018年春モデル、三菱からついに待望の真ん中野菜室の冷蔵庫が中大型タイプで登場です。今後ますます目が離せなくなって参りました。真ん中野菜室でシェアを独占しているT社の反応も気になりますね。 関連記事 スポンサーリンク アドセンスPC MXシリーズとは MXシリーズとは、2018年春モデルの冷蔵庫です。これまで冷凍室が真ん中にある製品がメインだった三菱ですが、ユーザーの声に多かった真ん中野菜室をついに3月30日に発売することになった。 型番 容量(リッター) MR-MX57D 572L MR-MX50D ...

続きを読む

冷蔵庫2018プロの選び方

2017/9/21

冷蔵庫おすすめ2018プロが教える選び方や特徴の全まとめ

こちらの記事は、かつてメーカーとして勤務していた冷蔵庫のプロが、2017年8月から9月の間に発売された最新冷蔵庫について、2018年モデルとしてご紹介している内容になっています。 記事内には、過去の情報も掲載しておりますので、一括して情報の比較もできますので良かったらご覧になってみてください。 2018年春モデル + 2018年モデルはこちら[表示] 過去の記事 スポンサーリンク アドセンスPC 最新冷蔵庫5社メーカーの機能・特徴 今回ご紹介するメーカーはこちらの5社です。 三菱 日立 東芝 パナソニック ...

続きを読む

シャープ冷蔵庫2018モデル

2017/9/12

シャープ冷蔵庫2018年モデルについて

前シリーズからお馴染みのメガフリーザーを中心に、どんな変更がされたのか一挙ご紹介していきたいと思います。 スポンサーリンク アドセンスPC シャープ冷蔵庫の特徴 メガフリーザー 4切(しき)り名人 新鮮冷凍 ステンレスミスト冷蔵室 おうちでロック製氷 雪下シャキット野菜室 プラズマクラスター 対震ロック 電動アシストドア 節電25モード COCORO KITCHEN COCORO KITCHEN 今シリーズの話題作は、何と言ってもAI機能です。2017年9月13日放送のWBS(ワールドビジネスサテライト) ...

続きを読む

東芝2018モデル

2017/9/5

東芝冷蔵庫2018年モデルについて全て公開

2017年9月以降に発売になった東芝の冷蔵庫について、過去のシリーズと比較してみました。 大きな変更点は2つです。 冷却システムと野菜室がパワーアップしました。下記にて紹介していますのでご覧に下さい。 スポンサーリンク アドセンスPC 新鮮ツイン冷却システム 前シリーズでも採用されていた、「ツイン冷却システム」がパワーアップしました。 まずは、このツイン冷却について解説します。 ツイン冷却システムとは ツイン冷却とは、冷蔵庫本体に搭載されている冷却器が2つ搭載されていることで、それが上段と下段で、それぞれ ...

続きを読む

パナソニック冷蔵庫HPXタイプ

2017/8/25

パナソニック冷蔵庫2018年モデルについて全て公開

Panasonic冷蔵庫のHPXシリーズとXPVシリーズの特徴を公開しています。過去のシリーズと比較して、どんなところが変わったのかご覧ください。 スポンサーリンク アドセンスPC HPXシリーズについて 前作のシステムを引継ぎしている今作のHPXタイプとは、具体的にどのように改良されたのか気になりますね。それでは、ご覧ください。 引継ぎされた機能 微凍結パーシャル ワンダフルオープン Wシャキシャキ野菜室 ECONAVI nanoe(ナノイー) 日本製 新機能 ナノイーX ナノイーXとは 従来の「ナノイ ...

続きを読む

アドセンスPC

Twitterフォロワー数

いいね!ボタン

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
石川 貴彦

石川 貴彦

出身:栃木県/住所:埼玉県/生年月日:1987.02.15/学歴:中卒/ペット:柴犬(女の子)/友達申請:大歓迎/職業:Web制作・ブログライター

-冷蔵庫, 日立冷蔵庫
-,

Copyright© バーチャルスペース , 2018 All Rights Reserved.